第十二章 空船